クロス取引

クロス取引 実践編!簡単やり方マニュアル

たろきち
たろきち
さて、証券口座の開設も済んだし準備OK!
とりあえず売って買えばいいんだよね、、、?
ぽんちょん
ぽんちょん
まぁそんな感じだけど笑
具体的な手順を説明するから、これ見ながらやってみてね!

権利付最終日までにやること

売って買う

まずは、入門編のおさらいからです。
クロス取引とは、同一銘柄、同一数量の買いと売り注文を同値で行う手法です。

同一銘柄、同一数量は特に問題ないので、同値の注文方法がポイントになります。
といっても難しいことは何もなく、売り買いいずれも成行注文でいれるだけです。
そして、注文を入れるのは取引所が開いていない時間帯です。

指値注文:価格を指定して注文する方法
成行注文:価格を指定せず注文する方法

クロス取引を成功させるためには、必ず同値で約定させる必要がありますが、
指値注文の場合は、売り買い同値で注文したとしてもどちらか一方しか約定しない可能性があります。

そこで、クロス取引では取引時間外(9:00~11:30、12:30~15:00以外)に同数量で成行注文を行います。

取引時間外に注文をすると、寄付で約定するため、必ず同値で約定することが出来ます。
取引時間外に成行注文してしまうと、注文の時間差の影響で同値で約定出来ない可能性があるため、お気を付けください。

Summary

◆売りと買いを同数量で成行注文
◆注文するのは取引所が開いていない時間帯

楽天iSPEED 操作マニュアル

◆信用売り
①注文画面から信用新規を選択
②売建を選択
③一般14日を選択
④成行を選択
→確認画面へ進み注文完了

◆現物買い
①注文画面から現物買いを選択
②成行を選択
→確認画面へ進み注文完了

ぽんちょん
ぽんちょん
他の証券会社でも指定すべきものはほぼ変わらないので参考にしてみてください。

権利落ち日にやること

現渡(品渡)

権利落ち日とは、権利付最終日の翌営業日です。

信用売りと現物買いをしている状態で権利確定日を迎えると、無事に株主優待を得る権利を獲得しますので、翌日(権利落ち日)にはクロス状態を解消するために、現渡を行います。

現渡:信用売りを返済する際に、保有している現物株を差し入れて決済する手法
(カブコムでは「品渡」という)

現渡の処理を忘れてしまうと、貸株料が余計にかかってしまうため、忘れずに手続を進めましょう。

たろきち
たろきち
現渡!現渡!
忘れないうちに権利付最終日の15時過ぎたらすぐにやっておこう!
ぽんちょん
ぽんちょん
あーちょっと待って!
現渡は取引時間外でも当日の約定になっちゃう可能性もあるから、現渡を注文する時間には気をつけないと、、、

例えば、楽天証券は15:30までに現渡の処理は当日扱いとなります。
なので、権利付最終日の15:30までに現渡すると、優待の権利を取得したことになりません。
ちなみにカブコムは15:15まで、SBIは楽天と同様15:30までです。

早過ぎてもだめ、遅過ぎてもだめなのでクロス締めの処理は気を抜かず丁寧に行いましょう。

※2019年12月からカブコムでは現渡に手数料がかかるようになりました。
詳細は下記の記事をご参照ください。

手数料体系変更に伴う、クロス取引手法の見直しカブドットコム証券がauカブコム証券となり、手数料、貸株料率に変更がありました。 それに続くようにSBI証券も手数料の見直しが行わ...

楽天iSPEED 操作マニュアル

◆現渡
①信用建玉一覧から現渡する銘柄を選択
②現渡注文を選択
③全建玉一括注文を選択

これで、クロス取引の手続は以上です。
あとは株主優待がくるのをじーっと待つのみ。だいたい2-3ヶ月後にくる銘柄が多いので、首を長くして待ちましょう!

諸費用計算方法

たろきち
たろきち
これで手順はばっちりだね!
あとは実際にどのくらいの費用がかかるのか事前に計算した方がいいと思うんだけど、貸株料の計算とかよくわからなくて、、、
ぽんちょん
ぽんちょん
 費用のシミュレーションはちゃんとしないとね!いくらお得だといっても手数料負けしたら意味ないもんね。

それでは、大人気の優待銘柄すかいらーくで費用計算してみます。
貸株日数、株価によって、かかる費用は変わってくるので、計算方法の仕方ということで参考にしてみてくださいね。

銘柄:すかいらーく(3197)100株
優待内容:飲食代金割引カード 3,000円
取得日:6/14(貸株日数13日)
株価:1,972円

楽天
(3.9%)
カブコム
(2.25%)
売り手数料 145円 193円
買い手数料 113円 145円
貸株料 ※274円 105円
合計 532円 443円

※197,200(約定金額)*3.9%(貸株金利)*13(貸株日数)/365=273.9

たろきち
たろきち
手数料500円くらいで3,000円分の割引カードがもらえるのか!早くやりたいー!!
ぽんちょん
ぽんちょん
さて、これでクロス取引の基本形は以上です。手数料節約の応用編もご用意する予定ですので、お楽しみに!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です